鍼灸師紹介

鍼灸師 廣瀬純子

 

 

 

ひろせはりきゅう院 鍼灸師 廣瀬純子です。
35歳からの不妊治療と母子ともに元気で過ごせる身体作りのサポートに力を入れています。

 

「妊活ブーム」だからやっているのではありません。
私も不妊治療を経験し41歳で双子を出産しました。

身体のことはもちろん、精神的・経済的・時間との闘いである不安もよく理解しています。

 

人生は長い、でも妊活できる期間は限られています。

 

鍼灸師として、経験者としてこの時期に力を尽くして協力して差し上げたいという強い思いがあります。

 

 

妊活中、妊娠中の身体作りは「マイナス1歳からの赤ちゃんケア・ママのケア」です。

母子ともに元気な産後を迎えられます。
逆子の予防・治療は帝王切開の回避にもつながります。

 

鍼灸免許を取得してから今年で11年になります。

鍼灸師とは「はり師」「きゅう師」の2つの免許を持つ国家資格保持者のことを言います。

 

専門学校時代より整骨院・鍼灸院・リハビリの現場での13年の経験がありますので妊活以外の不調もおまかせください。

平成19年はり師・きゅう師国家試験合格

平成28年川西市南花屋敷にてひろせはりきゅう院開院

鍼灸師になる前の略歴は?

箕面で生まれ、転勤の多い父の仕事の関係で香川・広島・大阪北摂(箕面・池田・豊中)で育ちました。

府立豊中高校卒業

京都外国語大学 イスパニア語学科(現スペイン語学科)卒業

東洋医療専門学校 鍼灸師学科卒業

 

大学卒業後、雑貨が好きだったので雑貨の会社に入りました。

その後人生いろいろ。

 

いろいろの後に鍼灸の道に進みました。

祖父が亡くなった時に、大病を患いながらもこんなに元気で長生きしたのは長年「鍼灸」に通い続けていたからなのでは?と思ったのがきっかけです。

人に喜んでもらえて、ずっと勉強し続けられるところがいいなと思ってこの道を選びました。

東洋医学にはストーリー性があり、身体からのメッセージに耳を傾けるというところが大好きです。

 

プライベートでは双子(平成26年生まれの女の子たち)のお母さんです。
台湾ドラマと読書が大好きです。