更年期って何歳くらいから?

更年期っていつからいつまでのことなのか?

もう始まっているのか?

40代に入ると気になるワード「更年期」。

日本だと女性の閉経の平均年齢が、50~51歳だそうです。

「更年期」とは一般にその前後の10年間、45歳から55歳くらいまでをさします。

このころから生理が不規則になったり出血量が減って来たり何かと変化が出だします。

閉経に向けて卵巣の機能が衰えエストロゲンという卵巣から出る女性ホルモンの量が減少します。

エストロゲンは生理・妊娠などの生殖に関わる役割だけでなく、脳や自律神経にも作用します。

皮膚や骨、関節などとも関りがあります。

エストロゲンは、生理や妊娠に大活躍するホルモンです。
このホルモンは、子宮と卵巣にだけ係わっていると思われがちですが、
実は、皮膚・粘膜・血管・腸壁・筋肉・関節・骨・脳や、
自律神経にも作用しています。

エストロゲンの減少による症状などはこちらにも書いております。

身体の変化だけでも色々起こってくるのに、

この年頃には

  • 子どもが巣立っていく(空の巣症候群)・または子どもが自立できていない
  • 高齢出産だと子供の思春期
  • 親の介護
  • 夫や自分の定年が近くなり老後の不安

まあ~何かと何かとあるわけです。

元気であってもパワーが必要なことが満載。

そりゃ疲れます。そりゃ落ち込みます。

 

ではどうすればいいの?

 

エストロゲンの減少を「急降下→緩やか」にすることによって身体も心も楽に閉経を迎えることが出来ます。

身体を整えて心を後押しする。

ひろせはりきゅう院が心がけている鍼灸です。

更年期のサポートは鍼灸でメンテナンスしながらご自宅でのお灸でもフォロー出来ます。

現にそのようにされている患者さんも何名かご来院いただいております。

気になる方はこちらから↓ご予約お問い合わせくださいね。