江戸古来の妊活のツボ、子宝のツボ、そして魔法のコンパス???

買おう買おうと思いながら先延ばしにしていたもの、コンパス。

私は歳のくっついた3姉妹なので実家に行けば1個くらい転がってるだろうと思い買わずにほったらかしでした。

さて、何に使うのでしょうか?

以前アメブロで紹介した

妊活のお灸のツボ

鍼灸のツボはその人の身体の大きさから測って取ることが多いのですが、

今回は江戸時代の産婦人科・小児科の一派、中条流による「中条流子孕の灸(ちゅうじょうりゅうこばらみのきゅう、効きそうでしょ!)」を伝授します。中条流はドラマの「JIN 仁」にも出てきた産婦人科・小児科の一派です。

ではまず、コンパスと厚紙を用意します。

コンパス、、、ないですよね。

鉛筆にこのように紐をつけて代用します。

{5D20B816-6DFC-442D-B907-7AC79DA7CAC3}

次に自分の唇の幅を測ります。

{6618BF36-03B2-40B8-A6FC-5234E2552683}

その幅を仮にAcmとして

Acmの正三角形を作ります。

{DAB6BFD2-8B7A-49DB-8A26-2100CD80629B}

画用紙の角から①②、

②から③印をつけます。

{19253A11-2519-4A28-A196-D3335D5F9A46}

正三角形出来上がり。

これが妊活、中条流の「じぶんものさし」です。

切り取ります。

この三角形の頂点をお臍に当てて底辺の2つの角がお灸をするツボです。お灸を使って妊娠のツボにしっかり熱を入れてください。

{2EFD640A-A088-4F49-8179-39094C3D6432}

以前参加していた勉強会の講義で教えていただきました。

ひろせはりきゅう院では妊活の患者さんの初来院時にお渡しています。

ひもを使うのが古来の方法なのだけど、絶対コンパスの方が正確に測れるし、何よりちゃっちゃと作れる。

今日行きつけのドラッグストアでコンパスが並んでいたので買いました。

何となくピンクが欲しかった気がしないでもないけど。。。

と、いうわけでこれから来て下さる妊活の患者さん、私がコンパスをもって近づいてきても怖がらないでくださいね。

*西野さんの本「魔法のコンパス」とは無関係なお話でした。

 

ひろせはりきゅう院は35歳から妊活を始めた人に「諦めなくてよかった!」と思っていただけるよう一緒に頑張ります。
また辛い症状を抱えているために「やりたいことが出来ない」、「頑張れない」人の願いを鍼灸治療で叶えたいと思っています。

 

 

不妊治療を経て40代で双子を出産しました。自身の経験により35歳以上からの妊活・不妊治療のサポートに力を入れています。 整骨院や高齢者施設、鍼灸院での臨床経験が10年ありますので妊活以外の症状の方も多くお越しいただいております。