甲状腺機能亢進症 バセドウ病

鍼灸の専門学校時代、開業している講師の先生から

「同じ症状や同じ病気の人が同じ時期に固まって来院するよ。」と聞いていましたが、

それを現在実感しております。

甲状腺機能亢進症「バセドウ病」の患者さんが何故か数人同じ時期に来られています。

お1人は妊活中の方で今は前ほどは症状が気にならないと言われています。

2人はこの病気特有の症状の辛さを改善したいと来られています。

もう1人は妊活前の体調改善に来られています。

 

甲状腺機能亢進症「バセドウ病」の主な症状

  • 怒りっぽくイライラ
  • 暑さに弱い
  • 汗を良く掻く
  • 体重が減る
  • 筋力低下
  • 眠れないことによる疲労
  • 息切れ
  • 高血圧
  • 骨粗鬆症
  • 脈拍が速い
  • 不整脈
  • 肝臓の病気
  • 肝臓の腫れ
  • PMSや生理不順などの月経トラブル

などです。

1つ1つは病気だと考えずに過ごしてしまいそうな症状ですが、眠れなくて身体は常に緊張状態で毎日を過ごすのは本当につらいことです。

鍼灸では自律神経の調整と、不快な症状の1つ1つにアプローチしていきます。

1回の治療で治るというものではなく、病院に行きながら鍼灸も受けていただくことをお勧めします。

ホルモンの病気なので自覚症状も大切ですが、数値が治療の指標になります。

 

この様な症状が気になる方は

 

 

不妊治療を経て40代で双子を出産しました。自身の経験により35歳以上からの妊活・不妊治療のサポートに力を入れています。 整骨院や高齢者施設、鍼灸院での臨床経験が10年ありますので妊活以外の症状の方も多くお越しいただいております。