35歳からの妊活、40歳からの妊活

現代は晩婚化、女性の社会進出により、妊活を始める年齢が高齢化して来ています。

そのような理由でなくても普通に夫婦として過ごしているのになかなか授からず、病院へ行く決心をして妊活を始められる方も昔と変わらずおられます。

でも妊活しよう!と決めても何をすればよいのか最初からよくわかっている人は少ないと思います。

友達同士でも話しにくい、聞きにくい内容です。

川西市のひろせはりきゅう院は35歳からの妊活のサポートに特に力を入れています。
現在ご来院いただいている患者さんに多い妊活のケースをご説明いたします。

35歳からの妊活は

婦人科を受診すると、タイミング法(排卵日を調べて性交渉をもつ日を指導します)→人工授精(AIH)→体外受精・顕微授精というように不妊の原因を探しながら進めていきます。

1つ上の段階に進むことをステップアップといいます。

35歳以上という年齢では、卵子の質が老化によって妊娠が難しくならないうちに最終段階の体外受精・顕微授精に受けられるよう配慮してタイミング、人工授精からステップアップをします。

卵管が閉塞しているなど明らかに自然妊娠が難しいとわかっている場合は体外受精・顕微授精を早いうちから始めます。

タイミング法と人工授精の妊娠は率にすると極端に変わりはありませんが、

  • 女性の頚管粘液が少ない場合
  • 男性の機能障害
  • 子宮に精子が入っていけない

などの理由があれば人工授精は有効です。

人工授精の費用は病院によって違いますがおおよそ1〜3万円くらいです。

医師との相談でそれでもなかなか授からない場合は体外受精・顕微授精に進みます。

体外受精は卵子と精子を体の外で受精させて子宮に戻す方法です。卵管に機能不全があったり、女性が抗精子抗体を持っていることで受精が難しかったり、ピックアップ障害といって排卵した卵子を卵管へとピックアップ出来なかったりする場合に行われます。

顕微授精は体外受精で精子が卵子の中に入り込めない(精子の運動率が低い、数が少ない)場合に人工的に卵子に精子を注入する方法です。体外受精でも受精がうまく行えない場合に適応されます。

費用は病院により違いが大きく顕微授精はさらに高度な技術が必要となるのでかなりの高額になります。

40歳以上の妊活は

個人差があるとはいえ妊娠できる年齢のリミットがあるため、一通りの検査をしながら人工授精・体外受精・顕微授精へとステップアップに早くに進むことが多いです。

いざ体外・顕微授精にステップアップ!

と夫婦で相談して決められても、そのための転院先を探すのに時間がかかったり、カウンセリングを受けたり、採卵結果が思わしくなかったりということもあり、すぐ移植できるとは限りません。

不妊治療で1番重視されるのが「卵子の質」です。

鍼灸治療は質の良い卵子を作るために卵巣内の血流を良くして、しっかりと卵子に栄養を与えることが出来ます。ホルモンのバランスも整えてくれるため卵子を作ったり着床・妊娠維持にに必要な子宮内膜を厚くするための女性ホルモンの放出もしっかりと行えるようになります。

それゆえ採卵・移植に進む前にこの下準備をしておくことが得策だと言えます。

もちろん、タイミング法や人工授精にも効果的です。

高齢だけどどうしても子供がほしいと思われているなら鍼灸治療を始めてみませんか?

 

 

 

 

 

 

不妊治療を経て40代で双子を出産しました。自身の経験により35歳以上からの妊活・不妊治療のサポートに力を入れています。 整骨院や高齢者施設、鍼灸院での臨床経験が10年ありますので妊活以外の症状の方も多くお越しいただいております。