妊娠中鍼灸を受けても大丈夫ですか?

今日は用事で川西市役所に行って参りました。
ぼんやりしていたらエレベーターで降りる階のボタンを押し忘れ、あれよあれよという間に未知の世界の最上階まで行ってしまいました。意外にハイスピードな川西市役所のエレベーター。。。

 

最近転院先を悩まれている患者さんがおられるのですが、気になっているクリニックに現在妊娠中の患者さんが通っておられたので間に入って色々教えていただきました。

お役に立ててよかったのと、快くたくさん教えてくださった妊婦さんの患者さんに感謝しています。

そして今週はひろせはりきゅう院の妊活卒業生なる患者さんから妊娠中のトラブルでのご相談がありました。

・前置胎盤による不正出血

・腰痛

つわりなどによる体調不良もあり、母子の安全を祈るような気持ちで過ごされ、ようやく安定期を迎えようとされている方々に新たなトラブルが起こったようです。

妊娠中のトラブル

  • つわり
  • 腰痛
  • 逆子
  • 肩こり

などはお薬を使わない鍼灸治療が本当にピッタリなんです。

あまり知られていないので

「妊娠中に鍼灸治療をしても大丈夫?」と思う方も多いのですが、なんのなんのお任せください。

初めて来られる方は「安定期に入ってから(5か月目16週以降~」胎動の確認が出来てからご来院ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊治療を経て40代で双子を出産しました。自身の経験により35歳以上からの妊活・不妊治療のサポートに力を入れています。 整骨院や高齢者施設、鍼灸院での臨床経験が10年ありますので妊活以外の症状の方も多くお越しいただいております。