双子についてサラッと書いてみました。

よく使われるのは「双子ちゃん」「三つ子ちゃん」という言葉ですが複数の赤ちゃんを妊娠することを多胎妊娠といいます。

 

胎児2人を双胎(そうたいtwins)、胎児3人を品胎(ひんたいtriplets)、胎児4人を要胎(ようたいquadruplets)といいます。品胎・要胎という言葉は私も初めて知りました。「口」が3つ!かわいいですね。

 

かつて一人っ子政策(1979~2015年)を行っていた中国では、双子の場合は例外として認められていました。そのため中国では双子はめでたく、特に男女の双子は龍鳳胎(龍は皇帝、鳳凰は皇后)と称えられ憧れの的であったのだそうです。

 

どっちがお兄ちゃん(お姉ちゃん)?よく聞かれます。

日本では昔、あとから出てきた方を上の子とする習わしがあったようですが現在は先にこの世に生まれてきた子を上の子とする法令が定められました。

本当によく聞かれる質問なのですが、産んだ側からするとあまり普段意識しておらず、平等にしてやりたいという思いもあり、双子ちゃんの親同士ではほとんど聞かれない質問です。

 

母子手帳は2冊もらいます。

当たり前ですよね。
でも母親である妊婦は1人、生まれる前から母親の健康状態を1冊ずつ記入していきます。
妊娠中の歯科健診の際など2冊に同じ内容を記入しなくてはいけないのでちょっと申し訳なく思っていました。

とまあ、今日は何となくさら~~っと

書いてみました。

不妊治療を経て40代で双子を出産しました。自身の経験により35歳以上からの妊活・不妊治療のサポートに力を入れています。
整骨院や高齢者施設、鍼灸院での臨床経験が10年ありますので妊活以外の症状の方も多くお越しいただいております。

Follow me!