タイミング後・AIH後・移植後の高温期(黄体期)の過ごし方

病院に通っている方は排卵や採卵が上手く行われるまでは毎日の注射やお薬などでの調整も結構しんどいですよね。

高温期もまた、およそ2週間じっと結果を待つのが辛いですね。この時期の精神のコントロールは本当に難しいです。
この時期によくやってしまいがちなのが

  • 妊娠初期症状を検索する
  • 着床・妊娠に効く食べ物を調べる
  • 生活面で気を付けること、やっていいこと、やった方がいいこと、やってはいけないことを調べる
  • 他の妊活中の人のブログをたくさん読む
  • この周期がダメだったら次の周期から新しいことを始めてみようと検索する

などなど主に「検索魔」と言われる人になってしまうんですね。

しかしその時期だけある一定のものを食べても効果は薄く、検索しまくって出てきたものに不安を覚えたり、今かかっている病院に不信感を抱くようになったり(それが良いきっかけになると良いんですけどね)あまり良い精神状態ではないような気がします。不妊治療のブログを読むことって諸刃の剣だと思っています。病院や治療法などを検討するときには役立ちますが、その人に合ったものが自分に合っているかどうかはわかりません。そして何より「感情」を揺さぶられ、結局焦りや不安が大きくなることもとっても多いのです。

経験者である私もその時期のことを振り返るともったいない過ごし方をしていたなと思います。
現在40代半ばの私、その頃って少なくとも今より体力はありましたし、あとで人生を振り返ってもきっと「元気だった時期」と思うはずだから。

そんな私でも

陰性が出たらちょっと我慢していることやっちゃおうかな

と自分が何がしたいのかを考えたり、自分が好きなことをして過ごせるよう映画やドラマを見まくったりして過ごしていました。
当院に来られていた患者さんも「無」になる!と言っておられました。

妊活や不妊治療を頑張っている方は普段の生活で十分色々やるだけのことはやっているはずです。

この時期にやるべきことは

  • 何もやらない
  • ストレスを遠ざけて生活する
  • 楽しい気持ちで生活する
  • 美容院に行く

なのです。

妊娠していればもうお酒は飲めないし、生ものは食べない方がいい。だから私は判定日に陰性だったら回転ずしに行って心おきなく食べてやる!と気晴らししていました。

何かやらなくては!よりも楽しく過ごせる工夫をしてみてください。

あなたが思っている以上にストレスは大敵なのです。

あなたは今年どれだけ笑いましたか?

去年より多く笑う年にしてください。

 

 

不妊治療を経て40代で双子を出産しました。自身の経験により35歳以上からの妊活・不妊治療のサポートに力を入れています。
整骨院や高齢者施設、鍼灸院での臨床経験が10年ありますので妊活以外の症状の方も多くお越しいただいております。

Follow me!