安心の生まれる場所

9月から始まる「かわにし@まちの保健室」。メディカル*コンシェルジュのメンバーとしてひろせはりきゅう院の院長廣瀬も参加します。

自身の子育ての悩みもあり、この頃積極的に発達障害やHSP,HDC(ハイリー・センシティブ・パーソン:人一倍敏感な人、ハイリー・センシティブ・チャイルド:人一倍敏感な子供)、皮膚と心の関係の本などをたくさん読んでいます。

先日は池田市の妊産婦心理カウンセリング室の小川先生にお会いしてきました。実は開業してすぐに小川先生にお会いしてみたくて訪ねて行ったことがあり、快く出迎えてくださったことに今でも大変感謝をしているのですが、今回のかわにし@まちの保健室でも是非つながりを持っていただけたらと再びお邪魔させていただきました。母子関係のお話はとっても興味深く、今後の私の育児にも影響していくのであろうなあと感じました。
川西市とお隣の池田市に頼もしい臨床心理士の先生がおられること、心強く感じます。

多方面で勉強させていただきながら鍼灸師として出来ることを磨き、ひろせはりきゅう院もかわにし@まちの保健室も患者さんや地域の人にとって「安心の生まれる場所」としてやっていきたいなと思っています。家庭、学校、職場以外の「居場所」ありますか?居場所の量が幸福量に比例するというのが内閣府のデータで明らかになっているようです。どちらも安心できる居場所の1つでありたいですね。

私は私のできることを精いっぱいやろう。

8/24(金)かわにし@まちの保健室はパレット川西さんで親子でアロマタッチングというプレイベントをやります。9月からのイベントや相談会などの詳細はこちらに掲載する予定です。

 

 

 

不妊治療を経て40代で双子を出産しました。自身の経験により35歳以上からの妊活・不妊治療のサポートに力を入れています。
整骨院や高齢者施設、鍼灸院での臨床経験が10年ありますので妊活以外の症状の方も多くお越しいただいております。

Follow me!