生理不順「生理周期が長い」

生理って月に1回来るんじゃないの?来ない月もあるけど大丈夫なのかな?という現象について説明いたします。

東洋医学では生理周期が長いことを「経遅」といいます。前の生理より35日以上立たないと生理が来ない。ひどい場合は40~50日以上たってから生理が来る人もあります。

なぜ起こるかというと

  • 外からの冷えや冷たいものを好んで食べるなどで体を温める機能が低下する
  • 産後の体力不足や病気などで身体本来の陽の気が不足して温める機能が低下する
  • ストレス(怒り・イライラ)により気の流れが鬱滞し、血の巡りが悪くなる

などそれぞれの原因にそれぞれの治療法があります。

また多嚢胞性卵巣症候群という病気で起こることもあります。

自分でできる養生法は?

上にあげた多嚢胞性卵巣症候群などの病気を疑ってまずは受診することをお勧めします。排卵されなかった卵子が卵巣内にネックレス状に繋がってしまうこともあります。不妊の原因になるほか子宮体癌のリスクにも繋がりますので放置してはいけません。

もしそのような病気の疑いがなければ

冷えが原因の人は身体を冷やさないように衣服に気を付け、身体が冷えない食べ物を食べるようにしましょう。

イライラが原因の人は「深呼吸」を意識してする習慣を。

鍼灸や漢方などの東洋医学って面白いなと思うのは漠然と「生理周期が長い」という症状に対して幾通りも治し方があることです。

今は「妊娠し出産する」という時期ではない人も生理の異常は放っておかず検診やケアをしてくださいね。

 

 

不妊治療を経て40代で双子を出産しました。自身の経験により35歳以上からの妊活・不妊治療のサポートに力を入れています。
整骨院や高齢者施設、鍼灸院での臨床経験が10年ありますので妊活以外の症状の方も多くお越しいただいております。

Follow me!