乳がん検診を受けてきました。

検査を受けるというのは早期発見につながる予防行動の1つです。

8年位前に乳がんの市民検診でひっかかり、以後どこで健診しても引っかかるだろうから1年に1回受けにおいでと再検査先の先生に言われマンモグラフィーとエコーを交互に受けていました。

毎年12月に受ける!と決めていたものの産後に1回しか行った記憶がなく、これではいけないと受けてきました。千里中央の胃腸科の病院なのですが乳腺外来もやっているらしく、いい先生なのでそこに決めて行っています。

千里中央はこどものころ習い事に通い続けた場所なので懐かしかったです。小3のころ父の転勤で行っていた広島から大阪に戻ってきて、千里のマンション群を見た時は圧倒されました。「都会だ!」と。上新田のインターチェンジでグル~っと中国道を回るたびにいつも気分が高揚しました。習い事、週2だったんですけどいつもです。

そんなことはさておき、今日は久しぶりだったのでマンモグラフィーでした。痛い、叫びそうでした。数年前涙が出た時もありました。我慢できたけど、顔は鬼の形相。顔を撮る写真だったらさぞ恐ろしい。

淡々と1時間ほどで終わりましたが、こちらが緊張しないようにとの配慮がいろんなところで感じられるのでその病院が好きです。

人生100年と言われている昨今、元気で居続けられるようケアは欠かせませんね。
自分が元気でいることは周りの大切な人のためでもあるんです。

自分のメンテ、しっかりやりましょうね。

不妊治療を経て40代で双子を出産しました。自身の経験により35歳以上からの妊活・不妊治療のサポートに力を入れています。
整骨院や高齢者施設、鍼灸院での臨床経験が10年ありますので妊活以外の症状の方も多くお越しいただいております。

Follow me!