月経周期に寄り添った不妊症の周期療法④ 黄体期

黄体期です。

体温が上がり眠気やイライラや頭痛・腰痛・肩凝り・胸の張りなどなど月経期と並んでしんどい時期です。
体温が上がりしんどいですが、これは着床をキープするのに重要なことなので冷やさないようにしてください。
黄体ホルモンの薬を飲んで辛い人もいるんではないでしょうか?
辛かったらお医者さんに相談してくださいね。
薬が合わない場合もありますが、
妊娠しにくい身体のコンディションだから辛いということもあります。
お医者さんの考え方次第で、
高齢であったり何か制約があれば「休んでいる場合ではないよ!」と集中的に処方するお医者さん、
少し休んで再開しましょうというお医者さん、それぞれいます。
私は鍼灸治療を受けてから副作用を感じなくなりました。
コンディションの悪さゆえの辛さだったようです。
休憩したかったんだけど、年齢を考えてお尻叩かれてました。
この時期は東洋医学でいう「肝」の働きを高めて気の流れをよくすることがポイントです。
肝の働きをよくする食べ物
トマト、レモン、酢、ゴーヤ、ハーブティー、
韮、スモモ(ない時期が多いですよね…)
さっぱりした酸味のあるものをとりましょう。
でも割と身体を冷やすものも多いので、
加熱して食べるなどしましょう。
{2387735C-8877-4CFE-83BF-7EC0C3D53ED0:01}
激しい運動はやめておきましょう。
着床してるかもしれないので…という理由もよく言われますが、運動が影響するのかはちょっとわかりません。
しかし、肝は筋に関係しているので筋を消耗するのはよくありません。
まあ、この時期から結構しんどくなることも多いのでゆっくり過ごしましょう。
さあ、判定日までドキドキです。
検索魔になったりプレッシャーも大きくなる時期ですね。
上手く気分転換してストレスを溜めないようにしてくださいね。