ご懐妊報告をいただきました。

2月からご来院いただいている患者さんからご懐妊のご報告をいただきました。

現在44歳の患者さんです。

2013年から妊活をされており、2014年より体外受精での治療を開始。

それでご推測いただけるとおり、妊娠に至るまでの体外受精の回数も決して少なくはありません。

精神的にもかなり大変だったと思います。

途中転院され、数か月たった後当院へお越しいただくようになりました。

コツコツと通っていただき、自宅でのお灸もものすごくまじめに取り組んでいただいてました。

ご報告いただいた後からじわり、じわりと感極まる思いがやってきます。

「この人、ほんまに頑張りはったよなー。」と。

何にせよ、患者さんご本人に続けて来ていただかないと鍼灸師としてはどうしようもないんです。

 

諦めなくてよかったとすべての患者さんから言っていただけるようカンバルゾー!