月経周期に寄り添った不妊症の周期療法④ 黄体期

黄体期です。 体温が上がり眠気やイライラや頭痛・腰痛・肩凝り・胸の張りなどなど月経期と並んでしんどい時期です。 体温が上がりしんどいですが、これは着床をキープするのに重要なことなので冷やさないようにしてください。 黄体ホ […]

続きを読む


月経周期に寄り添った不妊症の周期療法③ 排卵期

さて、排卵期です。 月経期~卵胞期までは身体の性質は陽→陰に変化していくのですが、排卵期を境に再び陰→陽に変化していきます。 ここでは血の働きを良くして排卵を促すようにします。 引き続き腎のエネルギーを補充してやることも […]

続きを読む


月経周期に寄り添った不妊症の周期療法 ②卵胞期(生理終了~排卵まで)

卵胞期は質の良い卵子を育て、着床してくれるよう子宮内膜のコンディションを整えましょう。 東洋医学でいう「腎」の気をしっかり補ってあげましょう。 腎は生殖や成長に深く関係する働きをします。 この時期に体温がしっかり下がらな […]

続きを読む


月経周期に寄り添った不妊症の周期療法 ①月経期(生理中)

月経期は気の巡りをよくして子宮内の血液を身体の外にしっかり排出できるようにします。 そして次の周期のためにエネルギーをしっかりと補充することが大切です。 最も大切なこと 身体を冷やさない! 骨盤周りが冷えないよう着るもの […]

続きを読む


月経周期に寄り添った不妊症の周期療法 プロローグ

不妊症の周期療法について数回にわたり説明します。   まず基礎体温をつけてください。 周期療法には必要不可欠です。 通院で排卵日がわかっておられる方は大丈夫です。   では女性の月のバイオリズムである […]

続きを読む