ひろせはりきゅう院ではご自宅でできるお灸の指導を行っています。

フリースタイルなお灸の会でも説明をしていますが使い方のみ簡単に説明させてもらいますね。

1.お灸のシールをはがします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.利き手と反対の指に貼ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.火をつけます

 

4.ツボに貼ります

 

5.熱くなってきたらはがして水を張った容器に捨てます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【このような人は使用しないでください】

自分の意思でお灸を外すことが出来ない人

乳幼児

発熱、捻挫・打撲など患部に熱があるとき

【このような人は医師・薬剤師にご相談ください】

今までに薬や化粧品などによるアレルギー(発疹・発赤・かゆみ・かぶれなど)を起こしたことがある人

妊娠中の人

糖尿病など温感及び血行に障害をお持ちの方

 

 

やけどや火の取り扱いには十分注意して行ってください。

お風呂上りや発汗時は皮膚に水分を多く含んでいるのでやけどや水ぶくれになる恐れがあります。

その時間をさけるか十分に水分をふき取ってからお灸をしてください。

 

気になるのはツボですよね。ツボは鍼灸師に聞いてくださいね。

このようにお灸はとても簡単です。