こどものための鍼灸

ひろせはりきゅう院でもお子様向けの鍼灸を始めることとなりました。

 

こどものためのはり「小児はり」とは?

こどもに行う鍼術です。

日本の「小児はり」は専用のはりを使い皮膚への軽い刺激(なでる・さする・軽くつつく)をあたえるやさしい鍼です。

江戸時代中期に大阪で発祥したと言われており、「近鉄針中野駅」の名前の由来は、大正時代に鍼灸師の中野家41代目が、大阪鉄道の開通に尽力し、そのお礼として開通時に鍼灸院の最寄り駅の名前を「針中野」にしたと言われています。

関西地方では長い歴史を持つ民間療法としてこどもの身体を守ってきました。

昭和中期まで小児はりは盛んに行われていました。

今のような保険制度がなかったので医者にかかるより安価に受けることが出来たからです。

その後衰退したものの時代の変化によりお薬だけでは対応が難しいものや、お薬を使い続ける事への不安を抱えるこどもが増えてきたことから小児はりは新たに見直されてきています。

 

鍼灸は「医療の代替」ではなく「一緒に取り入れること」により症状の改善を図り、減薬に至るなどの効果が望まれるものでもあります。

 

ふれるということ  心身一如 こころはからだ からだはこころ

触れることで安心感をもたらし、
「大切にされている」「相手から認められている」という自信につながり情緒が安定します。

成長過程で他者から触れられると自分の身体への発見や認識が出来るようになります。

脳内でオキシトシンという幸せホルモンが分泌され、身体が健やかに成長するために必要な内臓やホルモンの働きが活発になります。

親として心配なのは

  • 長期にわたる薬の服用を避けたい、薬が切れた時の不穏な状態がつらい
  • 原因がわからずどうしてよいかわからない
  • 今、どうにかしたいのに「そのうち楽になる」「今だけの辛抱よ」というアドバイスしかもらえない
  • とにかく困っているから何かできることをしたい
  • どこに相談して良いのかわからない
  • 「虐待」という言葉を連想してしまってつらい

小児はりによって得られる効果

  • 症状の改善 悪化の程度・症状の振り幅が小さくなる
  • 情緒安定 気分や感情に変化を与えられる
  • 病気の予防や免疫力の向上によって回復力を早める
  • 身体のこわばりが取れ、深く呼吸できるようになり、体力の充実につながる
  • 睡眠の質が上がり、腸などの内臓機能がよくなる

こんな症状の緩和に小児はりの効果が期待されます

  • 夜泣き ・寝ぐずり ・イライラ ・ヒステリー
  • チック ・奇声を発する・ よく泣く
  • よく怒る ・爪を噛む
  • 食が細い ・便秘 ・下痢 ・夜尿症 ・チック ・吃音
  • 発達障害 ・喘息 ・風邪 など

 

こんな鍼を使います。

ひろせはりきゅう院の小児はりの料金システム

施術時間はおよそ5~10分ほどです。

こどもは大人と比べて刺激に対して大変敏感なのでそれぐらいの時間がちょうどよいと言われています。

小児はりは0歳から12歳までの小学生までのお子様を対象とさせていただいております。

経過を見ながら治療を進めていきたいので初回に1500円お支払いいただいて1週間以内に3回目までお越しいただけるようお願いいたします。

その後4回目からは1回の治療ごとに1500円です。

しばらくこの料金システムで行きますがのちに価格改定の可能性もございますのでご了承ください。

 

頑張ってつれて来てくれたママにも

ご希望であればシール鍼を2つまで300円で提供させていただきます。

なかなかご自分のケアまで手が回らない子育て中。

ママにもほっと一息ついていただければと思っております。

 

「今」困っている。「今」つらい。

「今だけよ。」「成長と共に解決するわよ。」と言われ続け、「今解決したいのに。」と思っていませんか?

こどもの不調が解決したら

外出しやすくなったり

ママも毎日しっかり眠れたり

育児を楽しいと思えるようになるんです。

楽しい思い出、笑っている写真が増えるんです。

一緒に解決できるようお力になります。