まずは3ヶ月、週1回の鍼灸で周期に見合った身体の力を身につけて、あらゆる不妊の原因に対応できるよう整えましょう。 すでに不妊治療を始められている方へは 早く良い結果を得るために、次周期以降の未来の卵子や内膜を育てることも視野に入れておく必要があります。