OHSSとは排卵誘発剤により卵巣が過剰に刺激を受けた場合に起こる状態のことをいいます。主にhMG、hCGの注射後に起こり傾向での服薬クロミッド(クロミフェン・セロフェン)による発症するケースは少ないと言われています。

主な症状は

軽度

  • お腹が張る(腹水がたまる)
  • 吐き気がする
  • 急に体重が増える
  • おしっこの量が減る(喉がよく渇き水分をとっているにもかかわらず尿量が少ない場合は用心してください)

中度

  • お腹が気持ち悪い(腹水で圧迫される)
  • 嘔吐
  • さらに体重が増える
  • 呼吸がしにくい(胸水がたまる)

重度

  • 脈が速くなる
  • 血圧が低くなる
  • 呼吸困難
  • 肝機能・腎機能が低下する
  • 血栓症・卵巣茎捻転(それに伴う癒着・壊死等)

妊娠をしていなければ生理と共に良くなりますが妊娠が成立している場合は重度の場合は入院し集中管理が必要となります。

OHSSになりやすい人はどんな人?

  • やせている
  • 多嚢胞性卵巣症候群の人(PCO,PCOS)
  • 35歳以下で排卵誘発剤の反応が良い人
  • エストロゲン値が高い
  • 卵胞の発育が多い
  • ゴナドトロピン製剤投与の量が増加した
  • 以前にOHSSになったことがある
  • 妊娠が成立している

予防のために病院で出来ること

お薬の種類や量、タイミングなどで調整し卵巣への刺激でかかる負荷を軽減します。

卵巣が腫れているので一旦胚は凍結し、次周期以降に移植を行います。

 

鍼灸で出来ること

早急な対処が必要なものなので心配な症状があればすぐに病院を受診してください。病院によっては排卵日・AIH(人工授精)・採卵の後「生理が来たら〇日目に」と受診の案内をするところがありますが上記のような違和感があればすぐに受診してください。重症化すると妊娠の継続も危ぶまれます。

妊娠していなくても重度になり卵巣が壊死すると以後不妊治療は出来なくなりますので早めの受診をお勧めします。

鍼灸は予防策の一つとして取り入れてください。

妊娠への早道になることでお薬の使用期間は短く済みます。

 

 


友だち追加