コロナ自粛生活後腰痛のご来院が増えています。

緊急事態宣言の自粛が解除され、ひろせはりきゅう院にもおなじみの患者さんたちが顔を見せてくれるようになりました。

そこで一番多い症状が「腰痛」。
原因として考えられるのが
運動不足(血行不調)
体重増加(食べ過ぎ・コロナ太り)
自宅勤務で慣れない机でのお仕事
などです。

通勤やデスクワークでも出社すれば意外と歩いていたんだな~と実感された方も多いはず。

仰向けで寝られなくなったとおっしゃる方もおられますが、クッションなどを使う工夫をお伝えしています。

初めて駆け込みで来れられた方もおられました。腰痛ベルトを締めていて歩き方がかなりつらそうでしたがお帰りの際と次回のご来院時には足を引き摺らずに歩けるようになりました。

腰椎すべり症による足の痺れのお問い合わせもいただきました。

ひろせはりきゅう院のある場所は宝塚市の山の麓。
山本駅から歩いて坂を上り下りして家に向かう方も多く、腰や膝などの不調は本当につらいものです。

体重や運動不足は鍼では解消できませんが、固く凝り固まった筋肉を緩めて痛みの軽減や回復を早めることはできますよ。
鍼を打つと脳内モルヒネが分泌され痛みを和らげます。刺した個所の筋肉の血流量が増えて痛みの物質や老廃物を流し炎症を抑えてくれます。

ちょっと自分ではどうにもならないな~と感じたら是非たよってくださいね。

Follow me!