産後うつ

施術後の飲み物を一口飲まれ、

「ああ、こんな時間を過ごせたのはいつぶりだろう。」

ポツリと患者さんの口からこぼれた一言。

施術させてもらった私は胸がいっぱいになりました。

産後。赤ちゃんは9か月。

めまいや不安感や気分の落ち込み。首、腰、肩の痛み。手足のしびれ。

その症状が良くならないことへの不安も段々大きくなってきた。

意を決してメンタルクリニックに通い出し、鍼にも来てくれました。
えらいなあ。この行動に出るのにかなりの気力が必要だっただろうなとお察ししています。

赤ちゃんはおばあちゃんとお留守番です。こんな時は少し離れてケアするのがよいですね。

私は双子の育児をしてきました。
「しんどかったでしょう。」といつも言われます。
でも1人の赤ちゃんだから楽ということもありません。
うちの子が双子じゃなくてもやっぱりしんどいなあって思っていただろうなといつも感じています。

育てやすい赤ちゃんだから産後うつや育児ノイローゼにならないというわけではありません。
産後うつの原因の1つに「産後のホルモンの変動」があるからです。

鍼。2回目。

めまいの症状が和らいだと前回より元気なお顔を見せてくださいました。

焦らず急がずゆっくり進んでまいりましょう。

産後うつは誰にだって起こりうるものです。
妊娠・出産・育児は目まぐるしく生活が変わっていくライフイベントです。

自覚なくやり過ごしてきて、もしかしてあの時産後うつだったのかな?と思い当たる人も結構いるんじゃないかと思うのです。

妊娠中でも産後でもしんどいなと思ったら鍼灸を頼ってくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事にもご興味があるかも


友だち追加