1. 睡眠時間6時間以上経過した後の体温を測るようにしましょう
  2. 毎日同じ時間に測るようにしましょう。誤差範囲は±1時間に留めましょう
  3. 目が覚めたら動かずすぐに測りましょう
  4. 3周期は続けましょう
  5. 体調や睡眠時間など気になることを一緒にメモしておきましょう
  6. 正確に測ることができる婦人体温計を使って舌下の温度を測りましょう

慣れるまで面倒だと思うことも多いのですが、身体をおこす前のちょっとのんびり時間だと思うと煩わしさを感じないかもしれませんね。

 


友だち追加