五行とは自然界の代表として「木」「火」「土」「金」「水」を挙げ、自然界のすべてのものをこの5つの要素にそれぞれ分類したものです。

人間の身体も「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の五つに分類。

下記のように色んなものを分類したものを五行色体表と言います。

では見てみましょう。

五行
五能
五季長夏
五季湿
五色
五味
五方中央西
五臓
五腑小腸大腸膀胱
五官
五主血脈肌肉皮毛骨髄
五志
五声哭(泣く)呻(うなる)
五変握(筋の痙攣)噦(えつ、しゃっくり)
五液涕(鼻水)
五臭
五畜
五穀黍(キビ)稷(しょく、トウモロコシ)
五果李(すもも)
五菜薤(らっきょう)藿(カク、大豆の葉)
五労久行久視久坐 久臥久立
五華面色毛(体毛)

例えば「木」のところを縦に見てみましょう。
「木」「肝」「目」「筋」がありますね。

「目」や「筋」を酷使すると血を蔵する役割の「肝」に影響します。

老化に関する「腎」が弱ると「髪」が薄くなったり白髪になったり「耳」が遠くなったりします。

このようにどんなところに不調が出てくるのか?
どんな状態だとどこに不調が出るのか?どんな食べ物を欲するのか?どの経絡を使って鍼やお灸をするのか?

漢方、薬膳、鍼灸などの東洋医学はそれを分析しながら身体の調和を図ります。

 


友だち追加