身体の中の水分のうち血液以外の体液(涙、胃液・腸液、唾液、汗、尿、関節液、鼻水、組織液、リンパ液)を水または津液と言います。

ここでは「津液」という言葉を使って説明します。

津液とは身体の中の水分をことを言い「津」と「液」に分けられる。

食べ物や飲み物が胃や腸に入って分離された水分が津液である。津液は脾・胃・肺・腎・膀胱と関係が深い。
脾胃で取り込んだ水穀から津液を分離し、脾の働きによりこれを肺に送る。肺はこれを全身に分散する。腎はその津液を管理し不要なものを回収して膀胱に送り尿として排出する。

津とは陽性の水分のことである。澄んでいて粘り気がなく主に体表を潤し体温調節に関与している。また汗や尿となり内外に排泄される。

液とは陰性の水分のことであり、粘り気がある。体内をゆっくり流れるもので骨や髄を潤す。体表部では目・鼻・口などの皮膚粘膜に潤いを与える。

 

友だち追加