「気」とは生命活動を営むエネルギー。

気の思想

この世の森羅万象を「気」という概念で解釈したもの。

宇宙の混沌の中から気が生じる。
清軽な気「陽気」と重濁な気「陰気」に分かれる。
陽気は上って「天」となり陰気は下って「地」となる。
この二気から四季が生じそれによって人間を含め万物が生じる。

父から「陽」母から「陰」の精気を受けてこれが合して1個の生命が始まる。
天の陽気(空気中の活力源)と地の陰気(飲食物中の活力源)を取り入れて生命活動を維持する。

体内の陰陽の気が調和していれば健康であり、不調和になると病気になり、気が散逸すると死ぬ。

東洋医学のトビラ